フレンチモデル 

 18世紀モデル(特定のモデルは無し)
 2段鍵盤  8×8×4f  音域 FF 〜 g3 (63鍵)
 バフストップ付(上鍵盤)
 ピッチ 3段階可変 (392/415/440)
 鳥の羽使用  
製作者 RYO YOSHIDA 
 クラブサン・ビヤン・タンペレ社(フランス)1992年作 
日本生まれで現在パリ郊外Nogent-le-Rotrou在住の
チェンバロ製作家。
約40年以上フランスに在住。歴史的な楽器製作方法
を長年研究し独自のスタイルで制作活動を続ける。
当初展示会用として特別に製作された豪華な中国風
の装飾を施された18世紀フランスのモデル。
オリジナルの楽器と同様に鳥の羽を使った軽快な
タッチと華麗な音色はまさしくフランスクラヴサン音楽
の黄金時代の再現です。
数多くのコンサートや録音・テレビ出演で活躍中。

 2 manual French model

8+8+4f  Buff  FF-g 3 (63key)  A=392/415/440
Ryo Yoshida (France 1992)













フレミッシュモデル 

 リハーサルやアンサンブルに最適な小型2段モデル

 2段鍵盤  8×8×4f  音域 FF 〜f 3 (61鍵)
 バフストップ付(下鍵盤)
 ピッチ 2段階可変 (415/440)  
製作者 平山照秋(兵庫) 1986年作 

フレミッシュ独特の明るく力強い音色が魅力です。
2段鍵盤・5オクターブのフル装備ながら225cmの
コンパクトなボディはサロンコンサートやリハーサルに
最適。

 2 manual Flemish model

8+8+4f  Buff  FF-f 3 (61key)  A=415/440
Teruaki Hirayama (Hyogo japan 1986)


梅岡楽器サービス HOMEPAGE


コンサートレンタル用 2段鍵盤チェンバロ
2 manual Harpsichord





ジャーマンモデル
 
 M・MIETKE モデル
 2段鍵盤  8×8×4f  音域 FF 〜 f3 (61鍵)
 バフストップ付(上鍵盤)
 ピッチ 3段階可変 (392/415/440)
製作者 JAN KALSBEEK (オランダ・ZUTPHEN) 
        2000年作 

オランダのベテラン製作家Kalsbeek氏作。国内外の
多くのチェンバロ奏者からリサイタルやコンチェルト等
で絶大の信頼を得ている楽器です。ミートケ特有の
歯切れ良い音色はバッハを筆頭に幅広いレパートリー
に合い、また豊かな音量はコンチェルトなどに最適
です。

2 manual  German model (after M.Mietke)

8+8+4f  Buff  FF-f 3 (61key)  A= 392/415/440
 Jan Kalbeek (Zutphen 2000)
-----------------------------------------
























---------------------------------

フレンチモデル

 P・TASKAN モデル
 2段鍵盤  8×8×4f  音域 FF 〜f 3 (61鍵)
 バフストップ付(上鍵盤)
 ピッチ 2段階可変 (415/440)  
製作者 MATTHIAS KRAMER (ドイツ) 2002年作
 
ドイツのベテラン製作家Kramer氏作。弾きやすい
タッチと豊かな音量・力強い音色はどんなレパートリー
にも対応可能。大編成のアンサンブルの中でもしっかり
と音が通る頼もしい楽器です。

 2 manual French model(after Taskan)

8+8+4f  Buff  FF-f 3 (61key)  A=415/440
Matthias KRAMER (Germany 2002)

-------------------------------------



TOP
ご案内
レンタル用
2段チェンバロ
レンタル用
1段チェンバロ
レンタル用
 フォルテピアノ
レンタル用
 ポジティフオルガン
楽器情報
お勧めイベント情報
「チェンバロ漫遊日記」 Blog 毎日更新中!

お問合せはこちらまで
本文へジャンプ